部活動をしながらも、勉強にしっかりと
取り組むことができる人間に育ってほしい

長谷 徳昭と申します。34年間にわたって高校の教員をしていました。
社会科を教えていましたが、部活動もバスケットボールをずっと指導してきました。部活動をしながらも勉強にしっかりと取り組むことができる人に育ってほしいと思っています。
福岡友泉教室は、「共に成長し合える場」「感動を共有し合える場」「将来、社会貢献することができる人に育つ場」を目指しています。

部活動に熱心に取り組んでいて、なかなか勉強に手が付けられない。
将来の自分の姿がなかなか見えてこない。受験勉強に取り組まないといけないんだけど、なかなか気が進まない。学校の授業になかなかついていけない。など、「なかなかうまくいかない」を解決できるように、手助けしていきたいと思います。

キーワードは「本気(まじ)?」です。
80分間まじで勉強に取り組みましょう!また、自分から本気になれる方法を準備しています。「リーチングメソッド」といいます。
私が、30年以上の教員経験の中で感じていたことが「どうせやるなら自分から」ということでした。セルフ・モチベーションを上げることが、本気になる近道です。その方法がリーチングメソッドなのです。楽しく取り組んでいけば、自分でも驚くほどの成果と成長を得ることができます。私自身も10年以上前から取り組み、昔の自分では想像できないくらいの結果を出してきましたし、今も続いています。
皆さんと、ぜひ一緒に取り組んでいきたいと思っています。

教室長 長谷 徳昭
教室長 長谷 徳昭

保護者の方々の気持ちに寄り添いながら

10月5日に開校させていただきました。母校である友泉中のすぐ近くに教室ができたことに、不思議な縁を感じます。 高校の教員をしていた夫が塾を始めるなど思いもしませんでした。しかし、夫が高校に在職中に、集団の指導に限界を感じ、もっと生徒一人一人に親身になって指導できないか悩んでいたので、私も何かの形で支えることができないかと思っていました。

また、私も子供のPTAの活動を通して、子供に関わる喜びを感じていました。そして、多くの保護者の方ともご縁をいただきました。教室を始めるにあたって、これまでPTAでご一緒させていただいた方々にたくさんのご支援をいただいています。
これからも、保護者の方々の気持ちに寄り添いながら教室運営に関わっていけたらと思っています。

副教室長 長谷 美智代
副教室長 長谷 美智代